道東仕様フライロッド製作

スペシャルビルド

 

スペシャルビルド作例

ここでは通常のオーダーとは別のスペシャルビルド何点か作例として掲載しておきます、オーダーの際の参考にしてみてください。




コアスペシャル

ハワイアンコアをグリップにちりばめました、全てのスペイロッドに施工可能です。ハンドル部+7000円、フェザーインレイとセットで施工するとやたら目立つロッドになります、セットだと基本料金+10000円くらいですね。


こちらはアンボイナスペシャル
高価なカリンコブを贅沢に使いました、上のコアSPが「渋」だとしたらこちらは「華」ハンドル部(リールシート込み)で基本価格+12000円ほどになります。フェザーインレイは別途3500円ほど。

上のコアスペシャルもそうですがウッド部の塗装は2液ウレタンクリアでリールシートフィラーと同じで4−5回の塗装が施されます、そんな関係でウッド系スペシャルモデルは納期長めに見て下さい。



アンボイナスペシャル(トリムバージョン)
上記の簡素化されたバージョンです、オールアルミのリールシートと組み合わせています、この仕様で+5000円、リールシートもアンボイナバールに変更すると全て込み+8000円程度、フェザーインレイはさらに+3500円の追加料金になります。





こちらはシングルハンドのアンボイナSPです
リールシートの金具がニッケルシルバーの削りだし品、フィラーは希少なアンボイナバール「紅白」とまあ豪華絢爛、基本価格+12000円。この手の加工は結構好きです。



こんな事もやります(笑)
おそらく70年代のHedon。持ち込まれたときはグリップもボロボロ、リールシートはアルミの塗装が所々剥がれて・・・グリップはトップグレードのコルクに交換、リールシートは太さが丁度スペイ用がぴったり、シマシマのハワイアンコア+ブラックアルミ金具に交換。ガイドラッピングやブランクの塗装は味のある?カスタム処理されていたためそのまま残してあります。もちろんグラスですが振ってみると意外と普通、素直でした。料金は13000円ほど。


戻る