ロッドグリップ

304.jpg

さて今回からは基本的に自分で削ることにしたグリップですが、ここに大きな問題が・・・ワタシの手はかなり標準からはかけ離れた大きさ、故に握った感じ?フィーリングとでも言いましょうか、かなり標準人とは違うのではないかという疑問です。

一般にUS製の完成品ロッドはややグリップが太いと言われているのは周知の事実ですが、いまだかつてUS製のグリップに不満を持ったことも無く、本当のとこはどこなんだ~状態、悩みだすときりが無い完全スパイラルです。一応US、Flexcoat 社謹製のテンプレートよりは一回りほど小さくしました、こんなとこで勘弁してください。

簡単だと思ったリッツが、テンプレートが無いため完全手探り、一番手間隙掛かりました、まだ少々太いと思う、完成後にもう少しシェイプする必要がありそうですね、奥のリッツはかなり小さめ、姑息なweb master仕様でございます。

シャルルリッツが見たらなんというだろうね?

最近見かけないハーフウエル+ダウンロックですが、長尺ロッドゆえ持った感じがかなりいい感じです、ダウンロックですからキャスティング中のバランスは多少悪いかもしれませんが、この組み合わせは、見た目もクラシカルでなかなか気に入りました、昔はこんな感じが多かったけど、ブランクの進化で軽量化が進み、ダウンロックは殆ど見かけなくなりましたが、雰囲気のあるクリックリールなんか組み合わせたいですね。インスプールがいいな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像添付出来ます (JPEG のみ)長辺600px上限